徳川家康

日本の戦国大名・江戸幕府の初代征夷大将軍。幼名は竹千代。
その後松平二郎三郎元信。
その後松平蔵人元康。
家康のブレーンである慈眼大師天海和尚から、
「姓名はその意義が大切で、
姓と名が一筋に通い合い調和を得ていないと向上発展しないから早く改名を・・・」との再三の忠告を受け、
「徳川家康」とした。
これは「徳」が「川」のように流れ「家」が「康」まる、
という非常に良い名だと言って天海和尚は喜んだ。

の意