えんたんぬ哲学の道

           暮らしの中の哲学と面白ネタ集め                                    注意

時事ネタ

2018年あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

去年は「けものフレンズ」と今更ながら「涼宮ハルヒシリーズ」にド嵌りした一年でした。

今年から今年こそ頑張ります。

今年の目標は、なるべく考えないこと。なるべく作為的にしないこと。

以上です。


涼宮ハルヒの憂鬱 文庫 1-11巻セット (角川スニーカー文庫 )
谷川 流
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-06-15



2017年、今年の雑感。景気の話、自分の状況。など

そろそろ今年も終わりです。

今年の漢字は「北」だそうだが、・・・、

僕の今年は「痛」「沈」と言ったところか。
とにかく今年は自分史上、最も痛い経験を更新した。
これまで、僕が生きてきた中で一番痛かった経験は、歯茎に埋まった親知らずを(歯茎を切開して出した状態にして)砕いてから欠片を一つずつ取りだすという施術を行った時の後の痛みであったが、その時の痛みを軽く超えた痛みを今年は味わった。というかそういう激痛に耐え続けた一年間だったといっても過言ではない。実に丸二か月の間、ロキソニンは勿論、歯医者で処方可能な薬の中で最も強い鎮痛剤がボルタレンらしいのだが、ロキソニンとボルタレンを飲みまくっていた。もうモルヒネを一気飲みで飲み干したいくらいの痛みがずっと続いていたのだ。ていうかもうマーシトロンを発動させてくれ!というくらいの痛みだった。
歯の痛みだけは耐えて耐えられるものではない!と今まで思っていたし、だからこそ、ホームレスの人とかが虫歯になったらどうするんだろう?と思っていたが、今回の自身の歯の痛みでその辺の事も理解が進んだ。痛みというものは限界を超えると流石にマヒしてしまうというか、最大限の痛みというものがあって、それを超えるともう「痛みのストップ高」みたいになって麻痺してしまうのだと分かった。頭おかしくなるレヴェルの痛みである。
それ以外にも、様々な痛みを味わった。今現在も何故か足底筋膜炎という様な症状に陥り、ろくに歩けない。おそらく足の裏の筋肉が肉離れを起こしたような状態で、この「肉離れ」みたいな症状は僕の持病の様なものであり続けてきたので、まあ、またか・・・。みたいな感じではあるし、その内ねんざが治る様に治るだろうと心配はしていないが…。
ただ良くなっている部分もあるんだよね。昔と比べてそのねんざみたいな症状も原因が分かって大分無くなってきたし、頭痛や腹痛も同じで、昔と比べたらかなり少なくなっている。

それから、直接自分の事とはあまり関係がないことだが、
やっぱり今年の世の中の景気はおかしい。何かがおかしい。

僕は相場もやっているし、大衆に広くリサーチが出来る様なサイトもやっているので、
こういう世の中全体の景気というものには(ファンダメンタル関係なく)非常に敏感で、肌に感じていて詳しい。そんな僕が思うには、ここ3年間くらいの世の中の景気の停滞、低迷は異常事態だと思っている。
為替相場については一昨年も記したが、もうここ3年間、ろくに動いていないのだ。
2015年は変動相場制が始まって以来の最低の値動きを記録した!と以前、書いたが、2016年だって同じこと。全体的にはトランプ相場で大きく動いたように見えるが、それ以外の時は殆ど微動だにしていなかった。そして今年、2017年は2015年の最低低ボラ記録とほぼ同じタイ記録である。流石にこれはおかしい。
今調べなおしてみたら、2011年もほぼ動いていない。つまり事の始まりは2011年くらいからおかしくなってきていたのかもしれない。その後、アベノミクスで12,13,14、は良かったが、15からいよいよおかしくなったといった感じか。

為替相場以外の事についてもそうなのである。
人々の活気みたいなものを全然感じられなくなっている。
昔、人がいた場所に今は人がいない、閑散としているということは、その物事が廃ったという意味ではよくあることだし分かるのだが、そういうことで言えばこの世の中のすべての物が廃ってしまっているかのような停滞なのである。少なくとも僕はそれをヒシヒシと感じている。
問題だと思うのは、世の中の殆どの人がこの異常現象に気付いてすらいないし、気付いていてもどうすることも出来ないし何も対策しようとしていないことであると思う。
全ての事が僕の杞憂なら良いと思っているが。

話変わって

最近、YouTubeでヒャダインのドキュメンタリーを見たりして、あの界隈の人達、最近の若手の作曲家やミュージシャンという職業の雰囲気を知ったのだが、もうなんだか全然僕の若い頃の業界とは違っていて、なるほど、今はそういう感じなのか…。と、これも理解が進んだ。
主に中田ヤスタカ、ヒャダイン、ゲスの川谷絵音、sasakure.uk、米津玄師などの人達の事なのだが、悩みに悩んで曲を作る芸術家!という感じでは全然なくて、もっと商業的なものだし、上記の本人達も芸術家として、アーティストとしてやっているのではなく、あくまでも商業的に、且つ、作曲職人、作曲のスペシャリストで元々創作気質が非常に高いというか、ある意味サラリーマン的にやっているというか、暇さえあれば何か作ってしまう系の、なんていうか、そういう人種なのだなと思った。そして、才能のあるとか無いとかっていう話は、要するに何でもいいから物を量産できる体制を築けた人の事と同義であるといっても過言ではなく、彼らは元々、何はなくとも物を量産するタイプの人なのだなと。また、そうでなければ商業的に成功しないし使い勝手が悪いので成功しないのであろう。これは作家・小説家などにも言えることだが、川谷絵音に関しては1曲作るのに30分なのだそうだ。ヒャダインは1曲仕上げるのに平均6〜7時間で、多い時は月に30曲作るのだそうだ。エンジニアでありスペシャリストなのだけれど、ヒャダインなどを見ると「ももクロ」のプロデュースなどもやっているのでジェネラリスト的なことも少し出来る人なのだろう。
そこへ行くと僕はどうだろうか?寡作なのは言うまでもないが、僕は真逆で、本来はジェネラリストだけど、少しだけ作品も自分で作れる…、スペシャリスト的なことも少しだけ出来るジェネラリストである。。
まあ、何事も量稽古をこなさないとダメだよね。
あと、何事もベートーベンみたいに悩んでちゃダメだよね。
悩んで手が止まっている様じゃ全然ダメだ。

だからねー、僕はつくづく思うんだけど、ヲズニアックみたいな優秀なプログラマーと組みたいし、組めたら最高だろうなと思う。運が無くてそういう人と出会えていないのがイカンと思う。
「自分は技術はあるけどアイデアが無い。ヴィジョンが無い」という人がいたら是非ご連絡を。
適材適所です。僕と組みませんか?



2014年を振り返って。今年の雑感。

主観入った、地獄のミサワ

それでは毎年恒例の締記事として。
年末年始は毎年忙しいので出来るだけ簡単にまとめようと思う。

というか今年もジンクスの様な物で、やっぱり最後に仕事を貯めてしまって今まで以上に忙しい。
毎年、何故か10月くらいまでは気絶してたんじゃないか?と思うほど何事も無く、
そして10月頃から年末に向けて超忙しくなったり、何かしらの新規の事を始めたりするのが僕のジンクスの様になってしまっている。
なので必然的に、11月とかって僕の人生の転機になる様な事が多い。

今年はそれでも一つの仕事がほぼ10月頃までに終わり、
そして同じく10月から、新たに相場がらみの事で大きな進展があった。

相場に関してはあまり誰も言わないけれど、ちょうど去年の10月頃から1年間、殆ど市場が動かないという、前代未聞の低ボラ相場となり、僕もこの時期は相場では殆ど稼ぐ事が出来なかった。損をしなかっただけでも良かったのかもしれないが、低ボラということはつまり損も儲けも出ないという事でもあるよね。
それが日銀黒田総裁の大規模金融緩和等があり、10月くらいから相場が急騰して一気に大相場となった。

僕がFXを始めた2007年頃の相場に(ボラティリティーも)戻った様な気がする。

これはとても良いことで、そんな煽りを受けて、今年もプラスで終える事が出来たし、来年からは更に利益を伸ばせそうな気がする。というか皆下手だな。本当に儲けを出している人って凄く少ないと思う。

僕は昔から何をやっても大抵人より上手くやってのける自信があるのだけれど、
この相場関係の事なんかはまさにそんな僕の特性も出ているのかもしれない。
要は無作為に100人集めて、何でもいいから競技をして上位5人以内に入れるか?と言ったら、大抵僕は入れる。という自信があったし、だからこそ始めたのが相場だ。
つまり、FXに関して言えば、やっている人の上位5%の人しか、本当に勝っているとは言えないのではなかろうか?という事。株は別です。株はもっと多くの人が勝っているし、勝つ事が出来るものだと思うけど。

どこまで本当か分からないけど、東大生の平均知能指数は120らしい。
僕は最終学歴が専門学校だし、高校は地元で最も偏差値の低い、かなりビーバップな公立高校卒で、実際に、違う意味で苦労し、そんな不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまったけど、僕の知能指数は130ほどある。らしい。つまり「地頭」みたいなものが良いんだろう。僕が自分の事を「突然変異だ!」と言うのはこういった所からだ。
よく東大卒のトレーダーとかいるけど、僕はそんな奴より勝つ自信がある。
因みに、このブログでも昔取り上げたけど、知能指数が100の人と110の人の10ポイントの差と、120の人と130の人の10ポイントの差は同じではないらしく、それは相対的にずっと大きな違いになるし、100の人と110の人はほとんど変わらないけど、190の人と200の人ではもう言葉も通じないくらいの違いになるのだそうだ。


ただ、やっぱり偏りもある。
ダメな部分は本当にダメだ。
例えば漢字。
前にも書いたけど、僕はちょっとした学習障害のようなものがあり、漢字とか全然読めねえ。



さて、
2014年を象徴する漢字は「税」だそうだが…、

はぁ〜???って感じだよね。毎年毎年。
これもうわかんねえな…。ていう、定番のミスチョイス企画みたいになって来たね。
今年を象徴する漢字ならやっぱり「嘘」とか「欺」だろう!?

僕自身の今年一年を象徴する漢字は…、何だろうな…。
「終」か「転」か「起」か「消」。大体その辺。

なんというか、今まで営々とやって来た僕の諸々の活動のうち、知らぬ間にいくつかの活動が大団円を迎えて転機となっていたような、そんな1年だったかもしれない。

これはいい意味でです。いつか辞めたいと思っていた幾つかの仕事・業務を減らすことに成功した年だったと言っても過言ではないし、先述の通り、今年10月頃から新たな可能性がいくつも見えてきて、大分未来が明るくなってきたようにも思える。
後から思えば2014年が転機の始まりだったんだな…としみじみ思えるような年になったのではないかと思っている。

まあ、とにかくそれでもやっぱり忙しいので、今こんなことを書いている場合でもなく、今年の〆はこれくらいにしておく。


じゃ!




続きを読む

2014年、新年の抱負


あけましておめでとうございます。
もう毎年書いている事だけど、実家に帰省すると日常ではないために非常に疲れます。
んで今現在もまだ頭がボ〜っとしている次第です。

まあ、今年もそこそこ変化はあると思いますが、
現時点ではなんだか疲れてしまって何も考えられない。

これまで行おうと思っていた抱負についても、また今年もどうなるかわからない。
こういう時は惰性でもとにかく規則正しく目の前のやるべきことをタスクにしてこなしていくしかないですね。

食い過ぎて気持ちわりい




だりぃ




2013年を振り返って。今年の雑感。

2013年まとめ記事

それでは毎年恒例の締記事として。
年末年始は毎年忙しいので出来るだけ簡単にまとめようと思う。

2013年を象徴する漢字は「輪」だそうだが、
毎年・・・それはどうかなあと首をひねるチョイスだと思う。
東京オリンピックが決まったから「輪」らしいのだが…。
それは2020年になってからで良くね?っと。

僕にとっての今年を象徴する漢字は…「仮」、若しくは「乱」か、「姤」です。

とにかく良いことも悪い事もかなりセンセーショナルで大きな物事が起こった一年だった。
そのワリには実質的には関係の無い事だったり実益や実害にはならない物事。
そんな大ニュースが個人的に沢山あった年だった。

ちなみに、「姤」というのは易に出てくる概念で、良くも悪くも突発的な大きな事件があるという暗示。
隕石の落下に例えられる44番目の卦である。


ずっとキャリーオーバー中の抱負等は結局今年もなんんんんも出来ず。
更にキャリーオーバー中。
くそ忙しいのになんんんんも前に進んでいない感じ。


かつてロシアのスターリンは、有名な「五か年計画」という政策を行い、
色々と…、良くも悪くもだけどロシア経済を立て直したという話があるけど、
この「五か年計画」という考え方自体はかなり使える。

そう思って、自分なりに人生の五か年計画を作ってみたんだけど、
そうするとかなり目標や期日が明確になって良い。これはイメージトレーニングとしてもお薦め。

んで、そういう思考の末に、あのサイトについてもある程度、行く末を決めた。
今から2年以内に、現在の収益の3倍、若しくはアクセス数が2倍、若しくはスタッフを雇えていなければ、あのサイトはやめようと思う。
逆に言えばあと2年は頑張って続けてみるつもり。

とにかく今のままじゃ大変すぎてどうしようもない。
朝から晩まであのサイトに振り回されている様な状態が正直な所で、
まったくバカバカしいとしか言いようが無いよう状況。
あれだけはマジでどげんかせんといかん。


そういえば僕の中で毎年恒例になっていた大晦日のさいたまスーパーアリーナの格闘技観戦も、今年は遂に開催すらしなくなってしまった。
それについても詳しく書きたいけど…またの機会にします。

それにしても・・・

今年は2回も救急車で運ばれることになるとは思わなかったwww。
(大事には至りませんでした。)

正月はサイレントヒルに蛙と思います。


良いお年を。



2013年、明けましておめでとうございます。

2011年、今年を振り返って 雑感

2010年、今年を振り返って・・雑感、まとめ



2020年 東京オリンピック開催決定!!


東京オリンピック

というわけで2020年にオリンピックが東京で行われることが決定しましたな。

宮様まで担ぎ出して招致したのが運命的な勝因だったんじゃないかと。
やっぱ宮様の御力はスゲーと思った。

一般的にはそれほど変わらないというか、「だからなに?」っていう人も多いだろうけど、株や為替をやっている人にとっては非常に重要なファンダメンタルだったりする。というか日本全体の景気とか、長い目で見れば一般の人にも充分影響する事なわけだけど、とにかく問題なのは明日からの日経平均と円相場。
明日から暫く御祝儀相場になるという人も居るが…。
(そういうのも絶対ではないんだけどね。)

僕個人的にはドル円98円前半でかなり大きく買いポジションを持っていたんだけど、臆病風に吹かれて土曜日に全てのポジションを決済してしまったので、問題は明日、始値を見てどうするかだ。

まあ、とにかく意外と大きな出来事だなと思うわけです。




おすすめ2
おすすめ1
おすすめ4
おすすめ15
おすすめ6
おすすめ10
おすすめ8
おすすめ9
オヌヌメ5
おすすめ7
おすすめ12
おすすめ13
おすすめ14
おすすめ11
おすすめ16
おすすめ17
おすすめ18
おすすめ19
おすすめ20
おすすめ21
おすすめ22
オヌヌメ23
amazon
アマゾンアソシエイト
今日の一言
やらないのなら受け入れろ。

anonymous作者不詳

総集編
管理人が最近覚えた言葉
ブラフ bluff

虚勢。はったり。特にポーカーなどで、手の内が強そうに見せかけること。
「―をかける」

の意

総集編
entanのTwitter最新ログ
管理人が作った造語
胴ミソ

内臓のこと。内臓全体を指して。

総集編
Archives
カテゴリー別
ブログ内検索
メール

リンクバナー


QRコード
QRコード
人力過去記事一覧
過去記事一覧
UNIQLOCK


PR
pingoo相互リンク
あわせて読みたい
あわせて読みたい
アマゾナソシ