えんたんぬ哲学の道

           暮らしの中の哲学と面白ネタ集め                                    注意

イタリア

コピペ 最近の欧州経済、イタリア、ギリシャについて

今日もネットで拾ったコピペの紹介。
ワロタ
これは元ネタがあるんだけど、それは追記部分に記載しておきます。


ヨーロッパで11月4日、借金苦のイタリアが、 
認知症のギリシャを殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が5日に行われた。
事件内容は認知症のギリシャの支援で借金苦に陥り、相談の上で殺害したというもの。
イタリアはギリシャを殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。

イタリアはスペインと3ヶ国で同盟を結んだが、2011年にスペインが死亡。
その頃から、ギリシャに認知症の症状が出始め、イタリアは一人で支援した。
ギリシャは2011年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊でドイツに保護されるなど症状が進行した。
イタリアは休職してEFSF債を利用したが負担は軽減せず、9月に支援切れ。
新規国債発行は、債務超過などを理由に認められなかった。
支援と両立する政策は見つからず、12月にEFSF債がストップ。
日本の支援も限度額に達し、輸入代金が払えなくなり、 2011年12月31日に心中を決意した。

「最後のギリシャ孝行に」

イタリアはこの日、車椅子のギリシャを連れてアテネ市内を観光し、
1月1日早朝、パルテノン神殿の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、ギリシャは
「そうか、あかんか。イタリア、一緒やで」と答えた。イタリアが
「すまんな」と謝ると、ギリシャは
「こっちに来い」と呼び、イタリアがギリシャの額にくっつけると、ギリシャは
「イタリアはわしの属国や。わしがやったる」と言った。
この言葉を聞いて、イタリアは殺害を決意。ギリシャの首を絞めて殺し、
 自分もミサイルでローマを破壊して自殺を図った。
冒頭陳述の間、イタリアは背筋を伸ばして上を向いていた。
肩を震わせ、 眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では日本の野田総理がイタリアが献身的な支援の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2国のやりとりや、
「ギリシャの命を奪ったが、もう一度ギリシャの隣に生まれたい」という供述も紹介。
目を赤くした欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が言葉を詰まらせ、
日本の野田総理も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。


元ネタは追記に書いておきます。

 
続きを読む

管理人が覚えた言葉 73  (シエスタ)

6dbd49f1.jpg

シエスタ

昼寝。(スペイン)
(昼食後の)昼寝。
スペイン・イタリアなどラテン系の国の風習をいう。

の意

しろくま

おすすめ2
おすすめ1
おすすめ4
おすすめ15
おすすめ6
おすすめ10
おすすめ8
おすすめ9
オヌヌメ5
おすすめ7
おすすめ12
おすすめ13
おすすめ14
おすすめ11
おすすめ16
おすすめ17
おすすめ18
おすすめ19
おすすめ20
おすすめ21
おすすめ22
オヌヌメ23
amazon
アマゾンアソシエイト
今日の一言
やらないのなら受け入れろ。

anonymous作者不詳

総集編
管理人が最近覚えた言葉
ブラフ bluff

虚勢。はったり。特にポーカーなどで、手の内が強そうに見せかけること。
「―をかける」

の意

総集編
entanのTwitter最新ログ
管理人が作った造語
胴ミソ

内臓のこと。内臓全体を指して。

総集編
Archives
カテゴリー別
ブログ内検索
メール

リンクバナー


QRコード
QRコード
人力過去記事一覧
過去記事一覧
UNIQLOCK


PR
pingoo相互リンク
あわせて読みたい
あわせて読みたい
アマゾナソシ