えんたんぬ哲学の道

           暮らしの中の哲学と面白ネタ集め                                    注意

方法

いとしさと切なさと労働時間と効率と

qMlRZntqSaaqtos2oyJ4EKrx_400



仕事や作品作りなど、何かクリエイティブな作業をする人にとっての課題みたいに付きまとう謎。


以下のサイトになかなか面白いまとめが載っていたのでそれを紹介しつつ・・・。

 

僕の場合は主に文章を書くこと自体がこの上記で言うところのプログラムの時間という事になるのでしょうか。

昔、坂本龍一はこんな事を言っていた。

「“その気になれば”1曲書くのに要する時間はたったの1日。
でも、だからといって、じゃあ30日あれば30曲できるか?と言ったら、そういうものではない。」

うん。
凄く分かるなぁ。
これは実際にそういう立場に立った人でないと、なかなかこの感覚は分からないのではなかろうか。

以下に紹介する文章も逸品。

作者不明。↓


昔のとある作家の話だったかと思いますが、
「作品を頭の中で組み立てている間、瞑想や散歩していると女房が"何怠けてるの!"と怒る。組み立てが終わって、後は文章に書き写すだけの単純作業になるとニコニコしてお茶を持ってきてくれたりする。
まったく、私の仕事というものをわかっていない」
というようなことを言っていたそうです。


分からない人には分からないんですよ。


後、少し話がずれるかもしれないけど、
元々のスタートラインが公平でない場合の努力と言うのは如何にむなしい事か?
ということを表した以下の文章もここに記しておこう。

大正時代に学校のない山奥で、小学校卒の数学好きの青年が、
20年かけて、ある「スゴい法則」を発見したそうです。
けれど、中身を見てみると、
それは私達が中学校で習う「連立方程式」だったそうです


僕はずっと、こういう状態に陥りたくない・・・と言うか、
そうならないように気をつけてきているし、それに気を使っているところもある。
また、時々そういった状況に陥っている人(例えば発展途上国の人や、田舎の人の努力)を見ると、無性に歯がゆいような気持ちになるのです。


それから、この記事、テーマの続きはこちら
「ジョン・ヘンリーになるな!」

 

今日の一言 193

意識しないで自然にプレーした者に、女神は微笑む。

青木功(プロゴルファー)


管理人が覚えた言葉 201 「ヤーキーズ・ドットソンの法則」

ヤーキーズ・ドットソンの法則

生理心理学の基本法則。

活動には最適な興奮状態があり、
緊張したり、力みすぎたりしては、
しかるべきパフォーマンスが得られないと言うもの。

一般に覚醒レベルが高くなるに従ってほぼ比例的に効率(パフォーマンス)は増す。
しかし最適なレベルを越えて、強い情動が喚起されるような状態になると、パフォーマンスは逆に低下する。
すなわち、覚醒レベルとパフォーマンスには逆U字型の関数関係が成立する。

またこの最適な覚醒レベルは、行為の難易度によって変化する。

の意


管理人が覚えた言葉 200 「神話の法則」

クリストファー・ボグラーの法則=神話の法則

すべての物語は神話の構成に基づくという内容の書籍。
現在この書籍は高値で取引されている。
おすすめ2
おすすめ1
おすすめ4
おすすめ15
おすすめ6
おすすめ10
おすすめ8
おすすめ9
オヌヌメ5
おすすめ7
おすすめ12
おすすめ13
おすすめ14
おすすめ11
おすすめ16
おすすめ17
おすすめ18
おすすめ19
おすすめ20
おすすめ21
おすすめ22
オヌヌメ23
amazon
アマゾンアソシエイト
今日の一言
やらないのなら受け入れろ。

anonymous作者不詳

総集編
管理人が最近覚えた言葉
ブラフ bluff

虚勢。はったり。特にポーカーなどで、手の内が強そうに見せかけること。
「―をかける」

の意

総集編
entanのTwitter最新ログ
管理人が作った造語
胴ミソ

内臓のこと。内臓全体を指して。

総集編
Archives
カテゴリー別
ブログ内検索
メール

リンクバナー


QRコード
QRコード
人力過去記事一覧
過去記事一覧
UNIQLOCK


PR
pingoo相互リンク
あわせて読みたい
あわせて読みたい
アマゾナソシ