えんたんぬ哲学の道

           暮らしの中の哲学と面白ネタ集め                                    注意

べき乗

ゼロ

ゼロを発見した人は偉大だ。
それを発見したのは名も無いインド人だったそうで・・。

そこまでは、多くの人の周知の通りだが・・、

しかし、ゼロにいくらかけてもゼロはゼロである。


・・・・。


でももし、このゼロが、例え1でも増える事があったとしたら・・・。

それはつまり「宇宙」が誕生したと言う事になる。
お分かりか?

もしその様な方法を考え出し、実際にゼロから物事を生じさせた人は、
これは宇宙を誕生させたに等しい事であり、
少なくともそれくらいの偉業であり、
ゼロを発見した人と同じくらい凄いと思う。

陰陽説を持ち出すまでも無く、
そしてデジタル信号の話を持ち出すまでも無く・・・。


それは一つの宇宙の誕生である。

お分かりか?

続きを読む

運とべき乗とゼロ 大げさに言えば宇宙と数学

ウィキペディアによれば、
「運」とは、その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせを指し、実力と運の乗数が、成功だという。
とある。
であれば、もし、人には誰しも「生まれつき変えられない宿命」と言う物があり、
その宿命が「運がまったくない、不運、不遇」というものであった場合、
その人の人生はどんなに実力があり、かつ、努力をしたとしても、
いわゆる「成功」には手が届かないと言う事になる。

もし運というものを数値化出来るとして、
その運の数値が0だったとしたら?

実力×運(0)=0

そんな絶望的な事を考えていた事が僕にはある。

また、確かに、
この世の中の物事は全て「べき乗」で進んでいるのだとも思う。

べき乗は不思議である

例えば、売り上げの平均が100万円の、あるお店で、
地方の新聞に100万円かけて広告を出したとする。
その結果、売り上げが10倍1000万円出たとする。
それじゃぁってことで今度は全国紙に1000万円かけて広告をうった場合、
実際に見込まれる売り上げはその10倍1億円かと言えば、
そうではないと言う事。

その時はもう、10億とか100億とかそういう世界になってくるわけだよね。

しかし0にいくらカケても0は0なんだ。

例えば知能指数のようなものも実は”べき乗”で増えている物なのだそうで、
知能指数が100の人と知能指数が105の人の5ポイントの差と、
知能指数が130の人と知能指数が135の人の5ポイントの差は同じではないらしい。
後者の方が相対的にずうっと大きな差になるのだそうだ。

でも0にいくら欠けても0は0だよね。

俺、疲れ気味か・・?

管理人が覚えた言葉 62

冪乗(べきじょう)
ある一つの数同士を繰り返し掛け合わせるという操作のこと、
あるいはそれによって得られる数のこと

の意

おすすめ2
おすすめ1
おすすめ4
おすすめ15
おすすめ6
おすすめ10
おすすめ8
おすすめ9
オヌヌメ5
おすすめ7
おすすめ12
おすすめ13
おすすめ14
おすすめ11
おすすめ16
おすすめ17
おすすめ18
おすすめ19
おすすめ20
おすすめ21
おすすめ22
オヌヌメ23
amazon
アマゾンアソシエイト
今日の一言
やらないのなら受け入れろ。

anonymous作者不詳

総集編
管理人が最近覚えた言葉
ブラフ bluff

虚勢。はったり。特にポーカーなどで、手の内が強そうに見せかけること。
「―をかける」

の意

総集編
entanのTwitter最新ログ
管理人が作った造語
胴ミソ

内臓のこと。内臓全体を指して。

総集編
Archives
カテゴリー別
ブログ内検索
メール

リンクバナー


QRコード
QRコード
人力過去記事一覧
過去記事一覧
UNIQLOCK


PR
pingoo相互リンク
あわせて読みたい
あわせて読みたい
アマゾナソシ