えんたんぬ哲学の道

           暮らしの中の哲学と面白ネタ集め                                    注意

セリフ

今日の一言 421

『勝ち組』『負け組』はいいけれど、『待ち組』は問題

小泉純一郎





今日の一言 336

コミュニケーションにおける最大の問題は、意思が伝わったと錯覚することだ。

ジョージ・バーナード・ショー 
(アイルランド出身の劇作家・劇評家・音楽評論家)



今日の一言 334

燈台守:
「何が幸せか分からないです。本当に。
どんな辛い事でも、それが正しい道を進む中での出来事なら、
峠の上り下りも、みんな本当の幸いに近づく、一足ずつですから」

家庭教師の青年:
「ああそうです。ただ一番の幸いに至るために、いろいろの悲しみも皆、思し召しです」

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」より

今日の一言 322

成功する人間は、自ら自分の望む環境を探す人であり、
自分でそれを作り出す人である。

バーナード・ショウ



今日の一言 311

10%の才能と20%の努力… 30%の臆病さ…残る40%は運だろうな・・・

デューク東郷(ゴルゴ13)
(一流のプロになるために必要な要素を他人から尋ねられた時に出た言葉)
 

今日の一言 310

俺は同じ事は二回言わない!俺は同じ事は二回言わない!

松本人志



新宿駅でよくあること

ポルナレフ、コピペ、ありのまま
あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ! 
『おれは新宿駅を歩いていた 
と思ったらいつのまにかデパートの中を歩いていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが 
おれも何をされたのかわからなかった… 
頭がどうにかなりそうだった… 

 
催眠術だとか超スピードだとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ 
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ… 





今日の一言 202

じゃあ地球って何?
誰が何の得があって 俺達暮らしてんの?

GANTZ26巻 登場人物のセリフより




今日の一言 201

神なんていない!!
みんなどっかで神がいると思ってる
でも神なんかいない
神がいたら!!神に慈悲があれば!!
俺らこんな目にあうかよ!!

むしろ悪魔の存在の方が説得力ある
悪い事は重なる…
確率論なんか無視して重なっていく…

この世は悪魔に翻弄されるだけの場所なんだよ


GANTZ26巻 登場人物のセリフより

今日の一言 285

戦いとは敵を欺く事。
強い敵はうまくかわしつつ相手の怒りを煽り、
五分なら戦う。
分が悪ければひとまず引く。

孫子

ガタリメール

ガタリ

ここで君にある男の話をしよう…


暗闇の中を何時間もさまよい歩く男がいた。
さんざん迷った挙げ句、
彼はようやくひとつの道標を見つけ、
そばに駆け寄った。
すると道標は男に問いかけた。
自分は見ての通りの道標だが、
では一体何を指し示しているのかと。
男はしばらく考えた後、運命と答えた。
それを聞いた道標は何も言わずに
姿を消した。

やがて男の歩く道は険しい坂となり、
男は息を切らしながら登った。

しばらくすると、なぜか道がなくなり、
両足がむなしく宙を蹴っている。
宙に浮き、逆さまになった男の目に
映ったもの、それは遥か眼下に見える
一本の白い道だった。

その道を自分とうりふたつの男が
とぼとぼと背を丸めて歩いている。
白い道は男の歩くすぐ先で
断崖に切り落とされている。
しかし眼下の男は歩き続け、
ついに最後の一歩を踏み出してしまった。
暗黒に吸い込まれる男の姿を追うことなど
もはやできない。

さて、君なら道標の問いかけに
なんと答えるかね?…どうだね?

聞こえない、聞こえないな。
怯えた声でささやいても、
私には何も聞こえない。

通訊完畢

続きを読む

今日の一言 108

ここいらでクンクン嗅ぎ回ってるのはオマエかァッ!?

ミスターチェン(ゲーム「クーロンズゲート」より)

http://www.sonymusic.co.jp/Amusement/kowloonet/menu/movie/wk3.html

 

妄想が宙を舞っている

1db4502d.gif

ネタに困ったらクーロンズゲートのガイドブック、
というのがこのブログのお決まりのパターンの様になってしまっているが、まぁ、今回もクーロンネタ。
でもクーロンズゲートを知らない人でも唸ってしまう様な言葉だと思う。
この本は10年も前に刊行されたものだけど、
今日のネット事情を予見、言い表しているかのようだ。

10年前と言えば僕が専門学校に通っていた時代。
「これからはインターネットと言う物が普及していくだろう」
っと、未来系で語られていた時代である。
(一部普及はしていましたが、一般的ではなかった。)

以下、公式ガイドブック抜粋。


妄想が宙を舞っている
多くの人が発信者とならなければならないような
強迫観念に追い詰められる状況によって、取るに足らない妄想までも、
無理矢理搾り出すようにネットワークに乗せる。

また、何かを喋っていなければ落ち着かないような人が、
会話の流れの本質を無視したまま、言葉だけを単に数珠繋ぎに放出する。

妄想が宙を舞うという状況は、実に今日的な状況とは言えないだろうか?

そうして流出した妄想と言葉は、
無防備な意識を侵食する。

押し寄せる妄想と言葉は、邪気と同等の危険性を孕む       


2011-12-6更新
3.11の東北自身のとき、聴覚障害者の人がtwitterのタイムラインを見ていて、
生まれて初めて「うるさい!」と言う感覚がわかったそうだ。


また、そんな状況にある時、人はどのように考え、行動したら良いのか?
次の様な言葉も見つけた。


一貫性の無さこそ、心の迷い、隙となる。
自分の嗜好や、思考の求める方向性を見つめた事の無い者、
状況に踊り、周囲に動かされる物、迷いすら感じずに迷う者。

隙だらけの心。

一貫性を持つ者は、その方向性に対する好き嫌いで対応できる。
だが、一貫性を持たない者は、好き嫌いを判ずることすらできない。

 

続きを読む
過去記事一覧
ブログ内検索
今日の一言
やらないのなら受け入れろ。

anonymous作者不詳

総集編
管理人が最近覚えた言葉
ブラフ bluff

虚勢。はったり。特にポーカーなどで、手の内が強そうに見せかけること。
「―をかける」

の意

総集編
管理人が作った造語
胴ミソ

内臓のこと。内臓全体を指して。

総集編
Archives
カテゴリー別
メール

リンクバナー


QRコード
QRコード
PR