bdb75f24.jpg

普段の日記(このブログの記事)もたいしてまとまってはいないが、
今日のこの記事は特にまとまりそうに無い。
いや、いいんだろう・・。元々まとまらせなくても・・。

どんな事にも起承転結を付けて書けるわけないし、
そう出来ると思っているのならそれは思い上がりか何かの間違いだ。

なんだか切ない。

言いたい事はいろいろあるが、興味のある人が各々考え、何かを拾って来れればそれでいいのだろう。


以前、ヒョンな事から知ったブログで、それ以来ヒイキにして、たまに読んでいたブログがある。
そのブログ経由で、そことはまた別のブログの管理人さんが先日癌で亡くなられたらしい。
スピリチュアルな事に造詣の深い人で、自らもヒーラーとして活躍されていただけに、
様々な事を試していたようだが、その甲斐も無く・・・。

しかし、だからこそ、最後の瞬間まで立派に、そしてポジティブに物事を捉え、
幸せを感じながらその時を迎える事が出来たのだという解釈も出来る。

思うところあって、非常に興味を引かれ、
ここのところ二日間、徹夜でこの方のブログを遡って読んだ。
結果が分かっているだけに日付が進むほど、本当につらい気持ちになったが、
何故だか勇気を貰った様な気がする。

言いたい事はたくさんあるし、自分でもその言いたい事がまとまらない、
まとまりそうに無いので、多くを書くのはやめようと思うが、
とにかくたくさんの情報や勇気を貰った。

それにしても、あくまでも本人が幸せに旅立ったのだから無関係な人がどうこう言う筋合いは無いのだけれど、
もう少しなんとかならなかったのだろうかと悔しいような気持ちになる。

ご友人の方達がレイキの波動を送ったりクリスタルヒーリングをしたり、
気孔をやったり漢方薬を試したり、カードを引いたり・・。

もちろん、
全ての物事はその人にとって一番最適な修行でありその人にとって一番最適なタイミングで・・・
とか、
全て自分で選んで生まれてきた事であり・・・
とか、・・・。

そういう事は僕だって分かっているし、
このブログではあまりその事を言いたくないのだけれど、
僕は実はある一方では、訳知り顔でそんな科白をはいて口に糊をしているのだ。
わかっている。
理屈とかならもう相当にわかっている。
精神論ならもう相当に熟知している。
というより気が付けばそれで飯を食っているのだ。
だからこそ、
もう、そんな事は聞きたくない。

結果として、もう少しなんとかならなかったのだろうかと、
ヒーラーの端くれとして他人事ではない、悔しさの様なものをなぜか感じてしまった。

一番ショックだったのは、
最近、自分でも試してみようかなと思っていたホメオパシー、
フラワーレメディーなど、・・・・・。

・・・解釈の仕方もいろいろあるだろうし、それで癌が治るなどとは僕も思っていない。
それにこの方自身、こう言っている。

フラワーエッセンスやレイキなどは、我慢すればなんとかなりそうだけど辛い・・・という症状の時に効果を発揮するようです。

 

 

フラワーレメディーに関しては結局10年も前からその知識があったにもかかわらず・・。
ホメオパシーのレメディに関しては末期の状態から(確か2005/12月頃)とは言え、
一応、癌に有効と謳っているレメディなのになぁ。

なんだかなぁ・・・。

もちろん解釈の仕方がいろいろあるのはくどいようだけどわかっている。
それにこういった人の例だってたくさんある。

なんだかわからなくなっちまった・・。
今、憤りみたいな感情もある。

ただ、ひとつ間違いなく言えることは、
この人は立派だと言う事と、僕はこのブログを見て凄く心に残ったし、
感動したと言う事。
ご冥福をお祈りします。

 

けれども・・・ けれども・・・

あと、 カンパネルラが 見えないんだ。

ザネリは家に連れられてった。